3D ビューエディター 2.8

(作成中)


2.8 の 3D ビューエディターの表示内容や設定、使い方が、2.7 までとは変わっているので、わかった範囲でまとめておきます。

3DViewEditor_2.80_named.jpg

Header(ヘッダー)

ヘッダーには以下のメニューや設定用のボタンが配置されています。
3DViewEditor_Header_2.80.png

Editor Type(エディタータイプ)

エディターを他に変える場合、こちらから選択します。
3DViewEditor_Header_EditorType_2.80.png
詳細は、Blender 2.80 Manual の「エディタ」を参照してください。

Mode(モード)

選択しているオブジェクトで利用可能なモードが表示されるので、利用したいモードをこちらから選択します。
3DViewEditor_Header_Mode_2.80.png
詳細は、Blender 2.80 Manual の「Object Modes」を参照してください。

Selection Mode(選択モード)と Menus(メニュー)

モードにより表示される選択モードとメニューが異なります。
3DViewEditor_ObjectMode_menu_2.80.png
3DViewEditor_EditMode_menu_2.80.png
3DViewEditor_SculptMode_menu_2.80.png
3DViewEditor_VertexMode_menu_2.80.png
3DViewEditor_WeightMode_menu_2.80.png
3DViewEditor_TextureMode_menu_2.80.png
Edit ModeVertex PaintWeight PaintTexture Paint の場合は、モードとメニューの間に「Selection Mode(選択モード)」が表示されます。
選択モードに関する詳細は、Blender 2.80 Manual の「選択モード」を参照してください。
メニューに関する詳細は、Blender 2.80 Manual の「Menus」を参照してください。

Transform Orientations(トランスフォームオリエンテーション)

3DViewEditor_TransformOrientations_2.80.png
トランスフォーム(変形)のオリエンテーション(軸方向)を設定
詳細は、Blender 2.80 Manual の「Transform Orientations」を参照してください。

Snapping(スナップ)

3DViewEditor_Snapping_2.80.png
トランスフォーム時のスナップをする/しない、およびそのスナップの対象を設定
詳細は、Blender 2.80 Manual の「Snapping」を参照してください。

Proportional Edit(プロポーショナル編集)

3DViewEditor_ProportionalEdit_2.80.png
トランスフォームする際に、範囲内の他の要素に影響を与えるプロポーショナル編集をする/しない、およびその影響タイプを設定
詳細は、Blender 2.80 Manual の「Proportional Edit」を参照してください。

Pivot Point(ピボットポイント)

3DViewEditor_PivotPoint_2.80.png
トランスフォームの基準点となるピポッドポイントを設定
詳細は、Blender 2.80 Manual の「Pivot Point」を参照してください。

Collections Visibility(コレクションの可視性)

コレクションの表示/非表示、オブジェクトの選択/選択不可の設定を変更できる。
3DViewEditor_CollectionsVisibility2_2.80.png
  • 緑色エリア:コレクションに選択されているオブジェクトがあれば「●」なければ「○」
  • 橙色エリア:コレクション名。LMBすることでそのコレクションのみが表示される
  • 赤色エリア:コレクションの可視性の設定。LMBで表示/非表示を切り替え
  • 黄色エリア:コレクションの選択可能性の設定。LMBで選択/選択不可を切り替え
2.7 までのレイヤ操作の様に10で、コレクション 1~10を、Alt1Alt0で、コレクション 11~20を、表示することができます。
関連した操作として以下がある。
CtrlHで、ポップアップメニューが表示され、そこから選択したコレクションのみを表示する
AltHで、すべてのコレクションを表示
Hで、選択オブジェクトの非表示
ShiftHで、選択したオブジェクト以外をすべて非表示

Object Types Visibility(オブジェクトタイプの可視性)

オブジェクトタイプによる可視性と選択可能性を設定
3DViewEditor_ObjectTypesVisibility_2.80.png

Overlays(オーバーレイ)

3D ビュー上に追加表示される非レンダリング情報の表示内容を設定
3DViewEditor_Overlays_2.80.png
Viewport Shading を LookDev にし、ここの「Look Dev Preview」を有効にすると、3D ビュー内の右下に LookDev のプレビュー(完全反射の球と、反射率 0.8 の荒い球の 2 つ)が表示される。

Limit selection to visible(可視オブジェクトのみ選択)

他のオブジェクトによって隠されておらず、表示されているオブジェクトのみ選択可能とする
3DViewEditor_LimitSelectionToVisible_2.80.png
詳細は、Blender 2.80 Manual の「陰面処理」および「Blender 2.8+ Knowledgebase」の「Limit Selection to Visible」を参照してください。

Viewport Shading(ビューポートシェーディング)

3D ビューのシェーディングモードの設定。
左の 4 つの丸のアイコンでシェーディングのモードを選択し、「Shading」ポップアップメニューでシェーディングの設定を行う。
3DViewEditor_ViewportShading_2.80.png
詳細は、Blender 2.80 Manual の「Viewport Shading」および「Blender リリースノート日本語訳ミラー」の「ビューポート」を参照してください。
シェーディングモードは、左から「Wireframe」「Solid」「LookDev」「Rendered」となっている。

Tool bar(ツールバー)


Side bar(サイドバー)


Info(情報)

3D ビュー内の左上にまとまって表示されるようになりました。
3DViewEditor_Info_2.80.png

View Name(ビュー名):緑色エリア

現在のビュー名が表示される。
  • Top(上面)Num7
  • Bottom(底面)CtrlNum7 もしくは Num7Num9
  • Front(正面)Num1
  • Back:背面 CtrlNum1 もしくは Num1Num9
  • Right(右側面)Num3
  • Left(左側面)CtrlNum3 もしくは Num3Num9
  • Camera(カメラ)Num0
  • User:上記以外のユーザービュー

Projections(投影法):青色エリア

現在の投影法が表示される。Num5で切り替え。
Perspective:透視投影
Orthographic:平行投影

Frames(フレーム):橙色エリア

現在のタイムフレームが表示される。

Collections(コレクション):黄色エリア

アクティブなコレクション名が表示される。
コレクションに関しては、ひとまず「Blender 2.8: ビューレイヤーとコレクション(日本語)」か「Blender 2.8: View Layers and Collections(英語)」を参考にしてください。

Object Name(オブジェクト情報):赤色エリア

アクティブなオブジェクト名が表示される。

Gizmos


Operator panel


LookDev


  • 最終更新:2018-12-25 13:16:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード